はんこの通販サイトBEST5

第1位 はんこプレミアム

  • はんこを激安価格で通販で買いたいならお任せ下さい

  • どんなはんこでも豊富な種類を取り揃えています

  • お支払方法がお選び頂ける上、発送も迅速に対応しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

はんこプレミアムに対するみんなの口コミ

とにかくはんこって高いので、はんこをなるべく安く買いたくて思いついた先が通販でした。いろいろなサイトを見て回りましたが、...
あまりに安いのですぐに欠けたらと不安でしたが、保証があったので安心して購入できました。結構丈夫なはんこらしく、今のところ...
急いで必要だった注文数の多いはんこだったのですが、素早く対応していただいたおかげですぐに届きました。低価格で商品も上品に...

激安はんこ通販ならはんこプレミアム

用途も材質も豊富な種類の中から選んで、激安ではんこが購入できる通販サイトです。個人にも企業にもご利用いただけます。

第2位 印鑑の匠ドットコム

  • お客様満足度の高い、はんこの通販サイトです

  • 印影をネットで手軽に確認できるから、安心で確実

  • はんこの保証制度がある通販だから買った後も安心

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

印鑑の匠ドットコムに対するみんなの口コミ

法人印鑑の購入に使用しました。安かったし早かったし良かったです。実物のデザインもよく気に入っています。押し心地はまあまあ...
限られた予算で、でもとにかく早く欲しかったはんこでした。イメージ通りのはんこがスピーディに到着して、とても満足しています...
はんこを買おうと思い、調べたくてネットサーフィンしていたらたどり着いた通販サイトでした。解説がわかりやすかったので、つい...

はんこの知識・情報も豊富な通販サイト

一生のうちそう何度も買うことのない、はんこ。印鑑の匠ドットコムは、確実なものをご購入いただくために、はんこのことをわかりやすく解説した通販サイトです。

第3位 はんこdeハンコ

  • 人生の節目にはんこ買うなら低価格で高品質なものを

  • セット商品でお得にはんこを購入することができます

  • 迅速な対応など、総合的に考えて選ばれている通販サイトです

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

はんこdeハンコに対するみんなの口コミ

夫婦で印鑑を造りたくて、セットがあったのでこちらの店舗で購入しました。あんまりこだわってはなかったけど、思っていたよりも...
双子の娘たちにお揃いでつくりました。柄を選んだのは娘たちですが、可愛くて気に入っているようです。今の時代はこんなはんこも...
5000円以上送料無料だったので、はんこdeハンコさんで買うことに決めました。一度にいくつも買うときにはいいサービスです...

伝統も新しい視点も視野に、印鑑の通販です

はんこdeハンコは材質も厳選し、安さの中にも質のこだわりを取り入れた、印鑑専門の通販サイトです。印鑑と、日々まっすぐ向き合っています。

第4位 はんこ森

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

どんな方にも高品質・低価格の印鑑をお届け

当サイトではんこを通販で買う方法をわかりやすく解説しました。はじめてはんこを通販で買う方、ネットショッピングをあまりしたことがない方でも、はんこ森なら簡単にご購入いただけます。

第5位 宝石印鑑

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

はんこもネームペンも、一味違う通販サイト

宝石印鑑は他にはないデザインのはんこやネームペンを取り揃えている通販サイトなので、個性を小物にもこだわる方に選ばれています。

朱肉でも印鑑の印象は変わる

ケースに入った印鑑と朱肉印鑑につける朱肉といっても、練り朱肉と言われる、いわゆる本物の朱肉とスタンプ台などのスポンジ朱肉とでは、色合いに違いがあります。
速乾性を重視したスタンプ台などの朱肉と、朱の原材料に、ヨモギなどの天然素材を加えた練り朱肉の印影を比べると、まず、色合いに差が出ます。スタンプ台を使った印影は、練り朱肉の印影に比べ、鮮明さに欠けます。色も全体的にやや明るい感じに見え、オレンジ色がかった印象を受けます。これに対して、練り朱肉の印影は、くっきり鮮明に、朱の色が書類に乗り、深みと重量感のある、朱赤に近い色合いになります。さらに、年月を重ねると色あせてくるスタンプ台などの朱肉と違って、練り朱肉は、年月を経ても、その色合いが深まりこそすれ、薄れることはありません。従って、押印した印影も長く残り、印としての値打ちが出てきます。」
そして、何より違うのは、練り朱肉は、使用される印鑑と合わさって、その場の重みを演出できることです。主に天然素材で作られたねり朱肉の性質上、乾いたり、植物性の油脂が浮かないように、陶器や塗り物など、それ相応の入れ物に入っています。
契約書を取り交わす時などに、実印と共に、立派な入れ物に入った練り朱肉を傍らに置くのとプラスチックケースに入ったスポンジ朱肉やスタンプ台を置くのとでは、場の雰囲気が全く違います。容器に入った練り朱肉を置くことで、印鑑を押すという重要な契約の場が演出され、重々しいセレモニー会場になります。押印する印鑑の重さも変わります。

納得のいく印鑑を作成するコツ

印鑑セット気に入った印鑑を作るには、書体と印材の組み合わせ、さらに大きさをどうするかです。書体は、ある一定の枠がありますが、印材は、多種多彩な材質のものがありますので、根気強く、気に入った材質、大きさのものを探し出します。
大きさは、注文するお店によりますが、長さは約60㎜程度、太さは、1.5㎜刻みで直径10.5㎜から18㎜のものまでありますので、彫る文字数や携帯する都合などから決めていきます。
書体は、吉相体、篆書体、太枠篆書体、古印体、隷書体、などから選びますが、シャチハタでは、通販サイトを使って、指定された用紙に自分でデザインした文字を記入し、それをそのまま印鑑にすることもできます。手彫り職人によるデザイン文字も通販サイトにはあります。
印材は、最近増えてきた、耐久性とデザイン性に優れたチタンや同じ金属系のコバルトクロム、人工の琥珀樹脂などがあります。昔からの水牛や黒水牛、玄武、牛角、高級品の象牙なども人気です。細工がしやすい昔からの木材系も、薩摩本柘、楓、黒檀、白壇など種類は、豊富です。この他にも、宝石やパワーストーン、キャラクター系などもあります。
文字についても、漢字、平仮名、カタカナ、アルファベットのどの字体を使うか、それも縦書きか横書きか、書体はどれを使うのか、様々な組み合わせができますので、自由に選びます。
このように組み合わせていく際に、大事なことは、常に用途と印影をイメージしながら、場合によっては、示してもらいながら組み合わせていくことです。用途に応じた、用途に相応しい長く使用する一本を作りたいものです。

書式タイプも様々

捺印印鑑に使われている文字は、一種独特で、特に、実印に使われている書体は、簡単に偽造できないよう一見しただけでは、とても読めそうにありません。こうした印鑑特有の文字は、主に、次のような書体で彫られています。
1)吉相体は、開運印相とも言われる書体です。上下左右斜めに、文字全体が中心から外へ広がるようにデザインされています。それぞれの文字が、四方八方に伸びていることから運が良いとされ、風水や易などでも用いられている字体です。
2)篆書体は、実印に多く見られる書体で、実印はこの書体と決まっているのかと思われるほどです。独特の字体ですが、漢の国王から贈られたという国宝の「漢委奴国王」と彫られた金印にも使われている歴史ある書体でもあります。
3)太枠篆書体は、篆書体で彫られた印鑑の枠の部分を太くしたデザインです。枠が太くなった分、中に彫られた文字の線が細くなり、篆書体に比べて文字間があり、すっきりした明るい感じの書体です。
4)古印体は、日本の漢字を基に、印鑑用に生み出され進化してきた書体で、読み易く、現在の文字に近いデザインです。
5)隷書体は、壱万円や日本銀行券にも使われている書体で、現在使われている一般的な書体に近く、読みやすくなじみのある書体です。

綺麗な印鑑を押すコツ

朱肉印鑑を綺麗に、くっきりと押すには、直接、印鑑と朱肉に関するものが2項目。押印する際に注意点に関するものが2項目で、合わせて4項目あります。
1)印鑑については、横棒や縦棒が並んだり、交わったりするあたりや文字が外枠と接する辺りの彫り溝に、古い朱肉の干からびたものや小さなゴミなどが詰まっていないかを点検します。もし詰まっているようであれば、綿棒や爪楊枝などを使って、彫り溝を丁寧に掃除します。掘られた文字をつぶしたり、壊したりしないように、細心の注意を払って取り除きます。
2)朱肉が干からびたり、固まったりしていたら、金属のへらなどを使って、容器の中で上下をひっくり返すようにして練り直します。油分が、汗をかいたように表面にでていたら、柔らかい布などで拭き取ります。朱肉スタンプが乾いていたら、インキの補充をします。補充は、スタンプ台の中央にインキをたっぷりいれるのではなく、中央と4つの角の内側に、乾き具合を見ながら適量を補充します。なお、押印は、補充してすぐではなく、しばらく落ち着くのを待って押印した方が、きれいに仕上がります。
3)押印するときは、対象の書類の下に、必ず専用のゴムマットを敷きます。なければ、雑誌や新聞紙で代用します。
4)押印は、朱肉に軽く押し付け、手前から前に押し、ずれないように注意しながら、前後左右に重心を移動させます。
試しの押印をした時は、忘れずに試しの印影を破って捨てるようにしてください。

▲ ページトップへ